ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ

ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ

ゼロエネルギーハウスとは、どんな家?

ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)とは、その名の通り「消費エネルギーが正味(ネット)ゼロを実現する住まい」のことです。省エネに貢献する設備や建材を採用するとともに、太陽光発電などに代表される「創エネ」設備を設けることで、「自分たちで使うエネルギーは自分たちでまかなう」ことを目指しています。

ゼロエネルギーハウスの定義とは?

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)は、機密性の高い家を建てて、電気エネルギーを自己で生産し、消費エネルギーを最低限にする家作りの取り組みです。ゼロエネルギー住宅の詳しい定義を見ていきましょう。

経済産業省の定義

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の定義を持つ住宅とは

ZEHの取り組みは、一次エネルギー(化石燃料・太陽熱・太陽光・水力・地熱・風力・核燃料)といったエネルギー源から構築された電気・ガスなどの二次エネルギーの消費を抑えることが目的です。そのため、ZEHでは、建築物や設備のエコ性能を強化した省エネ化と、家庭ごとでなく地域やエリアごとでの単位にエネルギーの利用をまとめて効率化を図る施策を取り入れることになります。さらにオンサイト=その場でエネルギーを作って消費分を賄う再生可能エネルギーの活用を行なうことができる機能や設備を搭載し、エネルギーを自ら作り出すことができる気密性の高いエコ住宅であることが必要なのです。

ゼロエネルギーハウスについてもっと詳しく知るために・・・

より詳しくZEH(ゼロエネルギーハウス)を知るためには、定義文や条件の説明に利用されている用語を正しく理解しておきましょう。ココでは、ゼロエネルギー住宅の条件要項などで出てくる用語の解説を行ないます。

ゼロエネルギーハウスに関する用語解説

SII

条件のキーポイントとなっているSIIは、正式名称を一般社団法人[環境共創イニシアチブ(Sustainable open Innovation Initiative)]といいます。SIIはエネルギー分野や環境において社会的に必要な技術の革新を促してプロジェクトを組成することを目的にした会社です。このSIIの認定するZEHビルダー登録会社で住宅を建てることが補助金を受け取るための必須条件になります。また、補助金をなしにしてもSIIの認定条件をクリアしていなければゼロエネルギー住宅とは認められません。

HEMS

HEMS(Home Energy Management System)は、電子レンジ・冷房や給湯器などの家電機器をホームネットワークで繋ぎ、管理するシステムです。ネットワークで繋がれた機器を自動制御することが可能で、省エネや節電を促進させることができます。同じようなシステムに、BEMS(building Energy Management System)があります。これはビルのエネルギー管理システムで、ネットワーク構築し繋いだ機器のエネルギー管理を行い最適化する仕組みです。HEMSは家庭版のエネルギー管理システムで、BEMSはビル・オフィス版のエネルギー管理システムと考えておけば良いでしょう。

スマートハウス

スマートハウスの目的は、住宅で消費するエネルギーをHEMSで制御しつつ、ソーラーパネルを利用して小規模なエネルギーの作成で利用するエネルギーの総消費量を軽減することです。制御での省エネは行なうものの、使うエネルギー量の消費は大きな変化がなく、消費分の一部を作ったエネルギーで賄うという利用方法を持つ住宅です。

エコハウス

エコハウスは地熱や太陽、風などを利用した、環境に負担の少ない家です。壁面・屋上の緑化で熱がこもるのを防ぎ、風通しを良くするなどで断熱を図ります。さらに地熱や太陽光、燃料電池の利用で防寒などを行ないます。その他、雨水や排水の利用、廃材でふく射暖房など、HEMSに頼らない自然の力を利用したロハスな仕組みが取り入れられています。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業とは、ZEH住宅の所有者や建築主に対して条件を満たしている場合に補助金を支給する制度です。2030年のネット・ゼロ・エネルギー化に向けて、ZEHを建築する人を補助する仕組みで、施主は【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業】の補助金対象になります。この他、工務店を対象にする事業では【住宅のゼロエネルギー化推進事業】があります。

ゼロエネルギーハウスの3つの条件

ゼロエネルギーハウスを実現するには、3つのポイントをクリアすることが条件となります。

省エネ設備を採用する

総エネルギー量を削減に貢献する省エネ設備を設けることが、1つ目のポイント。エコキュートなどの高効率給湯器やLED照明、消費エネルギーをリアルタイムで確認できるシステム(HEMS)などが挙げられます。ただし、単に省エネ設備を取り付けて電気代を削減すればよいのではなく、ZEHの基準を満たしているということが重要です。

>省エネ設備のポイントとは

高断熱の建材を使う

ゼロエネルギーハウスで重要なポイントが、この断熱材。外壁や天井、床、開口部などにゼロエネルギーハウスの基準を満たす高断熱の建材を用いることで、室内の熱を外に逃げ出さないよう工夫します。またZEHの場合、断熱性能が「省エネ法」で定めている基準内におさまっている必要があります。

>断熱材のポイントとは

創エネ設備を採用する

ソーラーパネル(太陽光発電システム)など、自然エネルギーで自宅の使用電力をまかなう設備を採り入れることも、ゼロエネルギーハウスのポイント。最終的には、エネルギーの消費量より生産量のほうが上回る住まいを目指します。

>創エネのポイントとは

ゼロエネルギーハウスとは、単に省エネ設備や創エネ設備を設ければいいというわけではありません。「どれだけ省エネ効果があるのか」を数値で表し、それが基準内に満たされていることが条件となります。具体的にどんな数値があるのか、また気になる補助金制度についても各ページでご紹介します。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU