ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ

ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ

ゼロエネルギーハウスとは、どんな家?

ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)とは、その名の通り「消費エネルギーが正味(ネット)ゼロを実現する住まい」のことです。省エネに貢献する設備や建材を採用するとともに、太陽光発電などに代表される「創エネ」設備を設けることで、「自分たちで使うエネルギーは自分たちでまかなう」ことを目指しています。

ゼロエネルギーハウスの3つの条件

ゼロエネルギーハウスを実現するには、3つのポイントをクリアすることが条件となります。

省エネ設備を採用する

総エネルギー量を削減に貢献する省エネ設備を設けることが、1つ目のポイント。エコキュートなどの高効率給湯器やLED照明、消費エネルギーをリアルタイムで確認できるシステム(HEMS)などが挙げられます。ただし、単に省エネ設備を取り付けて電気代を削減すればよいのではなく、ZEHの基準を満たしているということが重要です。

>省エネ設備のポイントとは

高断熱の建材を使う

ゼロエネルギーハウスで重要なポイントが、この断熱材。外壁や天井、床、開口部などにゼロエネルギーハウスの基準を満たす高断熱の建材を用いることで、室内の熱を外に逃げ出さないよう工夫します。またZEHの場合、断熱性能が「省エネ法」で定めている基準内におさまっている必要があります。

>断熱材のポイントとは

創エネ設備を採用する

ソーラーパネル(太陽光発電システム)など、自然エネルギーで自宅の使用電力をまかなう設備を採り入れることも、ゼロエネルギーハウスのポイント。最終的には、エネルギーの消費量より生産量のほうが上回る住まいを目指します。

>創エネのポイントとは

ゼロエネルギーハウスとは、単に省エネ設備や創エネ設備を設ければいいというわけではありません。「どれだけ省エネ効果があるのか」を数値で表し、それが基準内に満たされていることが条件となります。具体的にどんな数値があるのか、また気になる補助金制度についても各ページでご紹介します。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU