ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ » 創エネ

創エネ

ZEHのポイント3:「創エネ住宅」をつくる

ZEHでは、自然エネルギーを活用した環境負荷の低い設備で自宅の電力をまかなう「創エネ住宅」にすることが不可欠です。ソーラーパネル(太陽光発電システム)などが、その最たる例でしょう。

東日本大震災以降、電力会社から供給される電気だけでなく、自分が使うエネルギーは自分でつくろうと、住宅の屋根にソーラーパネルを設ける方が増えています。ソーラーパネル以外にも燃料電池(エネファームなど)や、少数ではありますが風力発電で「創エネ」を試される方もいます。

「創エネ住宅」は補助金を利用すべし

「創エネ」設備を住宅に取り付けるとなれば、多額の設備投資が必要になります。例えばソーラーパネルの場合、1kWあたり30万円前後が相場。普及が進むにつれて一時期より安くなったとはいえ、一般的な4~5kWのものだと150万円前後はかかります。

また、ソーラーパネルだけを付けても、その電力は使えません。安定した交流電力を得るには、「パワーコンディショナー」や「屋内分電盤」といった設備も必要です。さらに工事費もかかるでしょう。そんなときに頼りになるのが、自治体の補助金です。東京都を一例にみると、1kWあたり2万円の補助金が受けられますし、ZEHとして国から補助金を得るとなれば100万円以上の額が支給されます。

なお、補助金は募集期間内でなければ申請できませんので、補助金交付を検討されている方は事前に確認する必要があります。

「創エネ住宅」の設備例

ソーラーパネル(太陽光発電システム)

自然エネルギーを活用した発電システムとして、もっとも効率的で普及が進んでいるシステムです。初期費用がかかりますが、電気代が不要になることや電力会社への売電により元を取ることも可能です。

家庭用燃料電池(エネファーム)

都市ガスに含まれる水素を燃料とした発電システム。電力会社から供給される電力使用量を減らせます。

風力発電

平均風速が6m/秒ほどで1kWのソーラーパネルと同程度の電力が得られるとされ、数台設置することで一般住宅の消費電力をまかなうことも可能です。ただ、現実的にはそれほど風が吹く地域は少なく、風力発電機とソーラーパネルを組み合わせた「ハイブリッド発電システム」を採用される方が多いようです。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU