ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ゼロエネルギーハウスとは?3つの特徴まとめ » 省エネ

省エネ

ZEHのポイント1:省エネ設備を設ける

ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)の条件のひとつが、高機能な省エネ設備を設けた住まいであること。電力などの消費エネルギーをできるだけ減らすために、エネルギー効率のよい設備を採用することがポイントとなります。

具体的には、「エコキュート」などに代表される高効率給湯器、LED照明のほか、断熱材も重要なポイントに。また、消費エネルギーがリアルタイムで確認できるHEMS(ヘムス)といったシステムも省エネ効果に貢献してくれます。

ZEHにおける省エネの基準「UA値」とは

単に省エネ設備を取り付けて電気代を削減できれば、ZEHの基準を満たすというわけではありません。ZEHには「基準」が設定されています。では、何がどうなればZEHの基準を満たすのでしょうか。その一つとして「強化外皮基準」というものがあります。

外皮とは、建物の外と触れている部分のこと。屋根や外壁、玄関ドア、窓、床など、室内の熱が外に逃げ出す部分を指します。ここから逃げる単位時間あたりの熱量を、外皮の面積で割って示した数値が「UA値(外皮平均熱貫流率)」です。

早い話、断熱性能がどれだけ高いかを数値化して、それが基準内にあればZEHということになります。UA値は地域によっても異なり、一例として経済産業省のロードマップで定められている基準値では、札幌では0.4以下、盛岡は0.5以下、仙台以南は0.6以下となっています(一般的な高断熱住宅のUA値は0.8~1.0といわれています)。

省エネ効果の高い設備例

高効率給湯器

「エコキュート」「エコワン」「エネファーム」など、お湯を効率的につくる給湯器を使用することで、省エネ効果が期待できます。

エコ換気システム

高機能な24時間換気システム。夏は室内全体を涼しく、冬は暖かくすることでエアコンの稼働時間を減らし、省エネに貢献します。

断熱材

壁には断熱効果の高い商品を使うことで、熱を外に逃げにくくするなど外気の影響を低減させます。

LED照明

LEDの照明は、消費電力が少なく低発熱。寿命が長いといったメリットもあります。

HEMS(ヘムス)

太陽光発電の発電量や、現在消費している電力量をリアルタイムで「見える化」するシステムです。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU