ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » はじめてでも分かるZEHの基礎知識 » 電力自由化との関係

電力自由化との関係

電力自由化でZEHはどうなる?

2016年は電力自由化の元年となりました。これまでの電力供給は、地域ごとの電力会社がほぼ独占状態で担っていました。2016年4月からは電力の小売りがどの事業所でもできるようになり、料金プランも多彩になりました。

例えば、従来は深夜料金しか割引サービスがなかったのが、新規参入会社には時間帯が選べるプランを設けるなどのサービスを展開しているところもあります。消費者が自分に適した料金プランのある電力会社を選ぶことで、電気代を抑えることも可能になったのです。

電力自由化がスタートしたことで、各社の電気料金の価格を調べた方も多いのではないでしょうか。それとともに、節電や省エネについても関心が高まり、さらにはスマートハウスやZEHへの関心にもつながっているかもしれません。電力自由化がもたらすメリットは、ZEHの普及にも大きなカギを握っているのです。

ポイントとなるのが、「スマートメーター(次世代電力計)」と「HEMS(ヘムス)」です。

スマートメーターとHEMS

スマートメーターとは、これまでにもあった電力計がネットワークにつながっているシステムのことです。従来の電力計は、検査員が各家庭に訪問して検針していました。これが電力自由化にともない、検査員がいなくても遠隔で検針できるシステムが求められるようになり、誕生したのがスマートメーターです。現在、すべての企業や家庭の電力計はスマートメーターへと置き換えが進んでいます。

なお、スマートメーターは、家全体で使われた電力量しか計測できません。そこで、部屋ごとあるいは電化製品ごとの電気使用量を把握するシステムがHEMSです。HEMSは、ZEHの必須アイテム。パソコンやスマートフォンなどを通じて、リアルタイムで家庭のエネルギー消費量を確認できるため、消費エネルギー量を減らそうという意識が高まりますし、ひいては消費エネルギー量全体の抑制にもつながります。

こうしたスマートメーターとHEMSの情報は、自由化で参入してきた電力会社にとってビックデータとなり、新しいサービスプランの開発やエネルギー利用の効率化への取り組みにも役立ちます。電力の自由化、スマートメーター、HEMS。これらはZEHの普及を促し、よりリーズナブルな価格でZEHが手に入れられる社会へと導くアイテムでもあるのです。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU