ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » はじめてでも分かるZEHの基礎知識 » メリット

メリット

ZEHのメリットとは

ZEHの住まいが注目を集めるのは、魅力的なメリットがあるからです。ここで、ZEHのメリットを大きく3つ紹介しましょう。

光熱費が抑えられる

ZEHのメリットとして誰もが思い浮かべるのが、光熱費を安くできることでしょう。省エネ効果の高い設備や高断熱材などの建材によって消費電力を抑えられるうえ、太陽光発電システムなどを使って自宅で電力を生産できる。消費量より生産量のほうが多ければ、電力会社に売電することにより利益を得ることも可能です。

住み心地が良い

高気密・高断熱の住まいは、住み心地が良いことも特徴。例えば、室内の温度差がほとんどなくなることで、どこにいても快適。ヒートショックのリスクも低くなります。最近人気の高い「広々としたリビング」「大きな窓がある」「吹き抜けで明るい」といった設計でも、ZEHの住まいを実現できます。

将来も安心

そもそもZEHが求められるようになった背景のひとつに、環境問題があります。環境負荷の低い自然エネルギーを活用した「創エネ設備」を設けることで、増え続けるCO2を少しでも抑制できます。ZEHは地球環境を改善し、子どもたちや孫たちが快適に暮らせる社会を創ることにも貢献しているのです。

ZEHのデメリットは「費用が高い」こと

ZEHにはこのようなメリットがある一方で、一般的な住宅よりも高くなるのがデメリットでしょう。最新鋭の省エネ設備、高断熱の建材、さらには太陽光発電などの創エネ設備も含めれば、住まいの金額は当然高くなります。こうしたデメリットに対して、対策はあります。

1つは「補助金」を使うこと。特に創エネ設備は数百万円の初期費用がかかるため、国は補助金を用意しています(補助金の額や申請期間などは、年度によって異なります)。2つ目は、光熱費を抑えることで長期的にみれば経済的であること。どの程度安くなるかは、住まいの立地環境によって差が大きいため一概には言えませんが、ハウスメーカーによっては、ZEHで光熱費がいくら抑えられるか試算してくれるところもありますので、確認するとよいでしょう。

また最近では、「坪単価50万円以下でZEHの住まいが建てられる」とうたっているハウスメーカーも現れています。こうしたところで建てるのも初期コストを抑える方法でもあります。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU