ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » はじめてでも分かるZEHの基礎知識 » 補助金

補助金

ZEHの補助金がもらえる条件とは

ZEHは、高機能な設備や建材を採用するため、建築費用が高くなってしまいます。

それを補うため国は補助金制度を設けており、申請して認可されれば補助金が受けられます。

補助金は100万円以上にもなり(年によって異なります)、建築費の足しとしては有効な手段です。しかし、認可されるにはさまざまな条件をクリアしなければいけません。

ここで、ZEHの補助金がもらえる条件をまとめました。

(1)地域ごとに定められた「強化外皮基準(UA値)」を満たしていること

(2)一般的な住宅と比べて、20%以上の省エネ効果が期待できること

(3)太陽光発電など創エネ(再生可能エネルギー)システムを導入すること

(4)再生可能エネルギーによって、年間消費電力量を100%まかなえること

(5)一定の要件を満たした設備およびHEMS(エネルギー測定装置)を導入すること

(6)建築会社は、SIIが認定した「ZEHビルダー」であること

…などが挙げられます。

UA値や省エネ効果を数値化など、素人では算出が難しいので、建築会社などの業者が対応してくれます。

なお、補助金が受けられた方は、毎年「エネルギー収支の報告」をしなければなりませんので、忘れないようにしましょう。

資格について

補助金の申請ができる人は、次のような方に限られます。

(1)ZEHが自宅(専用住宅)であること(投資物件など自分が住まない家は不可)

(2)建物の所有者は申請者自身であること(既存住宅のリフォームの場合。建売住宅の場合は、購入予定者であること)

(3)賃貸住宅や分譲マンションなどの集合住宅は対象外。ただし、その一部に居住するなら自宅部分のみ申請可能

Nearly ZEHで補助金を受けられる条件とは

上記のように、補助金を受けるには条件が多く、これらをすべて満たす家はかなり少ないのが現状です。

例えば都心の狭小住宅だと、設置するソーラーパネルの大きさに制約が出てきたり、日陰で発電量が少なくなったりと、年間消費電力量を100%まかなうには難しいでしょう。

そこで、ZEHの条件をやや緩和したものが、「Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)」です。

Nearly ZEHだと、年間消費電力量の75%以上と定義されています。

なお、Nearly ZEHの補助金対象はエリアが限定されており、北海道など寒冷地特別外皮強化仕様であることが補助金対象の条件です(2016年度の場合)。

Nearly ZEHの補助金については、今後条件が変わってくるかもしれませんので、こちらも注目しておきたいところです。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU