ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » はじめてでも分かるZEHの基礎知識 » ゼロエネ住宅として機能を維持し続けるための必須メンテンナンス

ゼロエネ住宅として機能を維持し続けるための必須メンテンナンス

ゼロエネ住宅を建てるための費用

ゼロエネ住宅「ZEH」を建てるためには、様々な設備を取り付ける必要があります。ここでは、取り付ける設備の費用に関して紹介していきます。

ゼロエネ住宅に必要な設備と費用

ゼロエネ住宅を維持するための費用も必要

ゼロエネ住宅を維持し続けるためには、ある程度のメンテナンスも必要不可欠です。ここではソーラーパネルに関することを紹介していきます。

メンテナンスをすることが大事

太陽光発電は、一度設置してしまえば後は放置するだけで自動的に発電をしてくれる優れものです。発電をする際は、半導体を使って発電をし、耐久性も高いとされています。特にメンテナンスをしなくても、発電し続けてくれるため、一昔前はメンテナンスフリーといわれていました。しかし、太陽光発電はソーラーパネル以外のものも使われ発電をしているので、内部の様々な部品が不具合を起こすというケースも多くあるのです。

屋外に設置されてから10年以上経てば、間違いなく劣化もしていくのです。また、設置されている地域やその周辺環境、自然環境によっても何かしらのトラブルを起こします。長期間問題なく機能するといっても、屋外に設置すると不確定要素も多くなり、何が原因で故障するか分からないのです。ですから、屋外にソーラーパネルを設置する場合は、メンテナンスも視野に入れておかなければいけません。ソーラーパネルでメンテナンスをした方が良い部分は、電気系統の部分です。電気系統のトラブルが起きると、発電をする際に支障をきたします。

例えば、元々設置場所の電気配線が悪いことが原因というパターンもあるのです。もし一度電気系統でトラブルが起きた場合は、改善するために数万円の費用がかかることがあります。しかし、そう頻繁に起こるトラブルではないので、維持費として見る必要もないでしょう。運が悪いと室内配線のトラブル、分電盤、売電メーターにトラブルがあるので注意しておくとよいです。あと、パワーコンディショナーは、ソーラーパネル設置から10年経ったくらいからトラブルが発生しやすくなるとされています。

半導体は半永久的な素材を使用しているので、耐久性は極めて高いですが、パワーコンディショナーは損耗を起こしやすいです。というのも、物理的な接触を起こすことが主な理由として挙げられるでしょう。パワーコンディショナーが故障すれば、交換する必要があります。交換費用は約10万円です。一度交換してしまえばまた10年は持ちこたえてくれるため、交換頻度も少ないといえるでしょう。

補助金で費用を抑えることが可能

費用を安く抑えるためにも、国からの補助金を頼りましょう。

お得にリフォーム

国からの補助金を受けることができれば、安い費用で太陽光発電を設置することができます。バリアフリーリフォームや耐震リフォーム、省エネリフォームをすることでリフォーム補助金を受け取れるようになるのです。このリフォーム補助金の対象は、地域によって増えることがあるのでチェックしておきましょう。

太陽光発電や耐震、エネファームなどは補助金があるお得にリフォームをしたいという人は積極的に利用していきましょう。

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU