ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ZEHに対応できる住宅メーカーリスト » ミサワホーム

ミサワホーム

ゼロ住宅のパイオニア「ミサワホーム」の特徴

ミサワホーム公式サイト

引用元:ミサワホーム公式サイト
http://www.misawa.co.jp/kodate/index.html

ミサワホームは、1970年代より一般住宅で使うエネルギーの研究を続けており、1998年には、世界で初めてのゼロ・エネルギー住宅「HYBRID-Z」を開発しました。まさに、ゼロ・エネ住宅のパイオニアです。

業界に先駆けて、省エネ、断熱、創エネに取り組み、長年の技術とノウハウを積み重ねてきたミサワホームでは、幅広いブランドでZEHを展開。木質系パネル工法を用いた「SMART STYLE(スマートスタイル)」や「ジーニアス」、鉄骨造りの「ハイブリッド」など、現在8つのブランドでZEHに対応しています。

ミサワホームのZEH住宅の仕様

ミサワホームのZEH住宅の仕様

引用元:ミサワホーム公式サイト
http://www.misawa.co.jp/kodate/syouhin/mokusitu/smart_style_s/index.html

木質パネルには、グラスウールを原料とする厚さ90mmの断熱材を使用。また、外壁にはミサワホームが独自に開発した多孔質軽量セラミック「PALC」を用いた仕様で、これらによって高い断熱性能を発揮します。エコ換気システムには「熱交換型24時間フロアセントラル換気システム」を標準搭載。

さらに、家の設計そのものが換気システムになっている点もミサワホームの特徴でしょう。例えば、風洞設計の階段は、ここを通じて余分な熱を上昇させて屋根に。屋根には電動トップライト(天窓)が設けられており、熱を効果的に逃がすという設計は、長年の研究が生かされている工夫です。創エネに関しては、3~4kW台の太陽光発電システムと燃料電池が標準装備となっています。

ミサワホームの口コミ評判は?

●2.6kWと容量の小さい太陽光発電を設置したのですが、それでも1年間の光熱費は約15,000円。これまでの1割以下になり、効果は絶大だと思います。

●HEMSでエネルギー収支を細かくチェックするようになってから、無駄なエネルギーをこんなに使っていることを認識できるようになりました。テレビなどの待機電力やサーキュレーターとか、それぞれこまめにチェックするようにしています。

●電気自動車の充電用コンセントが標準搭載というのが、よかったです。後で工事するとなれば、別途工事費がかかりますから。

会社情報

社名 ミサワホーム株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル
支店 北海道から九州まで、全国各地に営業所を展開

>ZEH対応のおすすめ住宅メーカーはこちら!

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU