ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ZEH仕様の素材・設備を徹底リサーチ » 高効率給湯器

高効率給湯器

CO2排出量と給湯費を抑える高効率給湯器

高効率給湯器は、エネルギー消費効率の優れた給湯器で、ZEHのには欠かせないアイテムです。一般的には「エコキュート(電気ヒートポンプ給湯器)」などが有名でしょう。給湯器が使うエネルギー量は、家庭で使う全エネルギー量の3分の1を占めるといわれています。ゆえに、ZEHではエネルギー消費量の少ないものを選ぶことが求められます。

高効率給湯器は、従来の給湯器に比べCO2排出量が少ないことや、ランニングコストがかからない点でも、ZEHに限らず需要は増えている給湯システムです。

高効率給湯器の種類

ZEHロードマップで推奨している高効率給湯器は、空気の熱を利用した「エコキュート」を含め全部で7つあります。主なものを挙げると、効率を高めたガス給湯器「エコジョーズ(潜熱回収型ガス給湯器)」、石油を使った「エコフィール(潜熱回収型石油給湯器)」、水素と酸素の化学反応で発電する「エネファーム(燃料電池)」などがあります。

また、エネファームには電解質の違いで2つの種類があり、イオン交換膜を使用しコンパクトな「固体高分子形燃料電池(PEFC)」と、発電効率の高い「固体酸化物形燃料電池(SOFC)」が一般家庭用として普及しています。なお普及数をみると、エネファームは600万台以上、エコキュートは400万台と他の商品より断然多いようです(法人も含む)。

高効率給湯器を選ぶポイント

ZEHロードマップによると、高効率給湯器には細かな基準がありますので、それに沿って選ぶようにします。例えば、エコキュートの場合、JISが定めた年間給湯保温効率の基準内であるか、年間給湯効率が3.0以上(寒冷地仕様は2.7以上)であることが定められています。ちなみに、年間給湯保温効率と年間給湯効率の違いは、お風呂に保温器能があるかないかの違いです。

エコジョーズとエコフィールに関しては、給湯部熱効率が94%以上であることが条件。また、エネファームは、発電効率が固体高分子形燃料電池(PEFC)の場合は33%以上、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の場合は40%以上であること、総合効率が80%以上、さらに50%負荷運転時の総合効率が60%以上などと細かく定められています。

高効率給湯器の相場

給湯器単体の価格は、エネファームは200~250万円、その他のエコキュートなどその他の高効率給湯器は20~60万円と幅があります。既存設備から取り換える場合、給湯器の価格プラス20~50万円くらい工事費がかかります。

>高効率給湯器の相談ができるZEH対応住宅メーカーリスト

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU