ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ZEH仕様の素材・設備を徹底リサーチ » ソーラーパネル

ソーラーパネル

太陽光発電システムはZEHの必須アイテム

ZEHでは、再生可能エネルギーシステムの導入は必須条件となっています。なかでもソーラーパネル(太陽光発電システム)は、創エネ効果が高く、さらに売電による利益も得やすいとして、ほとんどの方が採用している設備です。

太陽光発電システムの種類

太陽光発電システムに使われるソーラーパネルには、電池の材料の違いで「シリコン系」「化合物系」「有機系」などに分かれます。このうち一般住宅に使われているのは、「シリコン系」がほとんどです。シリコン系はさらに「単結晶」「多結晶」などに分かれ、以前は価格と性能のバランスが良い「多結晶」が人気でしたが、現在では変換効率がよく発電量が期待できる「単結晶」が主流となりつつあります。ZEHでも単結晶が良いでしょう。

太陽光発電システムを選ぶポイント

ZEHでは、年間消費電力量と同等または上回ることが条件となりますので、まずは消費電力量を確認することが重要です。参考までに、親子4人暮らしの一般的な家庭における年間消費電力量は、約5,000kWhと言われます。ZEHの基準では、年間消費電力量を2割以上減らすことも必須条件ですから、年間4,000kWh発電できるものを選べば良いかと思います。

ちなみに、一般的な住宅に設置されるソーラーパネルで(容量4~5kW)太陽電池モジュール20枚使った場合、年間の発電量は4,000~5,000kWhが見込めます。ただし、発電量は地域や立地条件、屋根の形状などによって差がありますので、詳細はハウスメーカーや工務店等で確認してみましょう。

太陽光発電システムの相場は?

現在、市場で販売されているソーラーパネルをみると、1kWあたり30万円前後が相場のようです。4~5kWだとおおよそ120~150万円くらいです。なお、ソーラーパネルで発電した電力を家庭で使う場合、交流電力に変換する「パワーコンディショナー」や「屋内分電盤」などの設備も必要です。

さらに、屋根の形状によっては架台や工事費が高くなることもあります。価格で選ぶ際には、トータル費用でいくらになるかを試算することもポイントとなります。

>太陽光発電システムの相談ができるZEH対応住宅メーカーリスト

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU