ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

環境を考えた住まいZEHの情報サイト

ZEH(ゼッチ)のことがよくわかる『ZEHガイドサイト』

トップ家のイメージ
HOME » ZEH仕様の素材・設備を徹底リサーチ » エコ換気システム

エコ換気システム

室内の快適性を保つエコ換気システム

住まいの高断熱化・高気密化にともない、24時間換気システムは住まいの必須アイテムになりました。しかし、エアコンで室内を快適な温度に調整しても、一般的な換気システムでは室内の空気を外に逃がしてしまい、エネルギーを無駄遣いしていることになります。ZEHの場合、できるだけ熱損失の少ない「エコ換気システム」が用いられます。

エコ換気システムの種類

一般的に換気システムとは、給気と排気をする部分の違いから大きく3つの方式に分けられます。

第1種換気

第1種換気とは、給気も排気も機械が自動的に行う方式です。第1種換気は熱交換換気システムともいわれ、少ない換気量で家全体を効率良く換気するため、室温に及ぼす影響が少ないことが特徴。一方、給気も排気も機械を用いるため、初期コストが高くなります。

第2種換気

第2種換気とは、給気は機械を用い、排気は自然換気口などから排出する方式。外の空気を取り入れることで、室内の空気を自然と外に吐き出すしくみとなっています。この方式だと、室温に及ぼす影響が大きいため、一般的な住宅には用いられていません。

第3種換気

第3種換気とは、給気は自然換気口などから取り入れ、排気は機械を用いる方式。第2種とは逆のパターンです。シンプルな構造のためメンテナンス性にも優れ、初期コストもランニングコストも安いのが特徴。その一方で、室温に及ぼす影響が割と大きくなります。

以上から、ZEHの定めるエコ換気システムは、第1種換気が適していることになります。

エコ換気システムを選ぶポイント

第1種換気システム(熱交換換気システム)には、「全熱交換型」というものがあります。これは、排気する空気から熱を回収して家全体に回すことで保温性を高めるというもの。外から新鮮な空気を取り入れながら、室温への影響を極力小さくできることが特徴で、熱交換率が90%というシステムも市場に出ています。

ちなみに、ZEHロードマップでは熱交換率が65%以上(または比消費電力が0.4W/(m3/h)以下)のエコ換気システムを取り入れることが条件となっています。

エコ換気システムの相場

第1種換気・全熱交換型のエコ換気システムの場合、商品単体の価格は1台あたり3万円が相場。少なくとも2カ所以上取り付ける必要がありますし、既存の住宅に取り付ける場合は別途20万円ほどの工事費用がかかることも押さえておきましょう。

>エコ換気システムの相談ができるZEH対応住宅メーカーリスト

省エネ、断熱、創エネ、3つの基準から選んだZEHに対応できる住宅メーカー MENU